Action

ユニマットのリゾートホテル建設を止めようと、様々なアクションが始まっています。

あなたにできる方法で参加してください。

また新しいアイデアがあったらぜひ提案してください。


Tsukigahama


★環境省に陳情書を出そう!

月が浜ホテルの営業開始が、3月と言われていますが、一向に環境対策や渇水対策に具体的な方針が示されないままの、強引な開業になりそうです。
ユニマットが環境に対して全く配慮しない金儲け会社である以上、営業開始に差当たり環境対策を環境省に要請し、できる限りの汚染防止対策を図って行く事も必要と考え環境省への陳情書を書いてみました。
各人で、編集レイアウトをして、環境大臣秘書室にFAXしましょう。
当然、日本国民なら、誰でも可能ですし、外国人も意見として可能だと思います。

このホテルは特定施設でありながら、法の網を潜り抜け一般の排出基準しか適応されてない状態です。1日に250トンという大量の汚水により、月が浜周辺の富栄養化が確実です。現在浦内川は、自然環境が良好で、広い干潟もあり、その浄化能力も高く、どの程度の実害が、起きるかは不明ですが、富栄養化が進行することは間違いありません。
今、私達に出来る事の一つとして、環境省の尻を叩いて、できる限りの環境対策を迫ることだと思います。
できるだけ多くの方々のご協力をお願いする次第です。 (2004.1.30)


以下、例文

**************************************************************************

陳 情 書

  環境大臣殿
FAX 03−3581−3003
                      2003年  月  日

住所
氏名

 21世紀は環境の世紀と言われながらも、テロや戦争などの直接的な環境破壊と
地球規模での温暖化や環境汚染などの、自然環境の破壊が相次いでいます。
 一方、貴重な自然の残る西表島でも、大規模なリゾートホテル開発が進行中で、
自然環境に対する影響が懸念され、生態学会などからも、環境アセスメントの
要望も出ています。また、地元住民との積極的な話し合いや、協定書の締結がない
ままの、強引な開発には目に余るものが有ります。しかも、ホテルは完成に近付き、
今春の開業を間近に控えても、給水、排水、環境、廃棄物処理への対応は不透明で、
地域住民は不安を感じています。特に、汚水処理は不適当で、地下水の環境基準を
超える窒素(環境基準10J/L)を含む汚水(1日250トンもの大量)が地下浸透
され、地下水汚染が起こるばかりか、更に隣接の海域に浸出し海域の環境基準を
超える窒素成分などで、汚染され富栄養化することは確実です。しかも、沖縄県の
定期検査には窒素成分などの測定は行われないために、野放し状態の垂れ流しが
行われる可能性があります。
 また、ホテル前の砂浜はアカウミガメの産卵地であり、多くの宿泊客の影響を
受け産卵の妨害が必至であり、国の特別天然記念物のイリオモテヤマネコも交通量
の増加や、県道の改修に伴う車両の高速化で、交通事故死の増加も懸念されます。
先年の猫エイズ上陸による山猫への感染も予想され、自然環境は危機的状況にあり
ます。環境省としても、トキの二の舞にならないよう、生態系の最上位に位置する
イリオモテヤマネコの保護や、浦内川河口周辺地域の国立公園指定などの対策と
同時に、抜本的な法改正や、西表特別立法(仮称)などの画期的な取り組みを
視野に入れた、下記の環境対策の実行をお願いします。

1,現在建設中の月が浜リゾートホテル(仮称)に対して、排水の高度処理施設の
設置と調査井戸設置を指導して下さい。

2,閉鎖性海域指定の面積の制約を撤廃して、浦内橋からアトク島までの地域を
閉鎖性海域に指定して下さい。

3,浦内橋以北の汽水域からウナリ崎までの周辺一帯を早急に国立公園特別地域に
編入して下さい。また、早い時期に西表島の国有林全てを国立公園に指定して
下さい。

4,イリオモテヤマネコ保護のための野良猫の駆除と、交通事故防止対策(自動
速度取締りなど)の強化と、新たに保護増殖施設(現在の施設は狭く、展示のみ
とし)を建設して下さい。また、イリオモテヤマネコ保護区(全島)の早期制定
を実行して下さい。

5,中国の生活水準の向上に伴い大陸からの漂着ゴミが増加しています。また、
廃油ボールの漂着も頻繁で、ボランティアや竹富町による対応では限界があり、
環境省で焼却場建設と運営費用を予算化して下さい。

6,今後の西表島の自然環境保全のため、西表島全体の開発量やマスタープラン
策定のため、環境アセスメントを、沖縄県と合同で行って下さい。


以上



★工事差し止め訴訟で原告大募集

 「人格権」侵害を根拠に工事差止訴訟を7月にも起こします。この裁判は西表に住む住民だけでなく、西表の自然と文化をかけがえのないものと思う全ての人に開かれたものです。(6.20現在で100人以上が原告になっています)原告には性別・年齢・住所・国籍・職業・思想信条その他いかなる事由を問わずなることができます。原告になるために必要な費用は1万円(竹富町民は5000円)で、原告団加入申込書、訴訟委任状、本人確認できる書類(日本国籍を持つ成年の場合)を出すだけです。詳しくは西表リゾート開発差止訴訟のホームページをごらん下さい。
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/2032/index.html

★署名運動

 住民とのコンセンサスが得られるまで充分に話し合い、またそれまで工事を中止することや環境アセスを行うことなどを求めた署名です。ご協力ください。

・西表リゾート開発に懸念を抱く市民の会の電子署名(竹富町長、ユニマット社長あて)
 http://fairy.kais.kyoto-u.ac.jp/biriken/ochi/iresort/index.html
 mochi@kais.kyoto-u.ac.jp

 ・西表島の森と海を守る会(県知事及び竹富町長、ユニマット社長、東急建設社長あて)
 http://homepage3.nifty.com/blackbisi/
 iriomote-forest-sea@group.email.ne.jp
 署名送付先:東京都港区芝4-9-8-601 全国環境保護連盟 TEL/FAX. 03-3454-0490

★抗議の宛先

 ユニマット不動産=TEL.03-5770-2006 FAX.5772-4825 j-info@unimat-offisco.co.jp

 南西楽園ツーリスト=TEL.03-5786−7360 FAX.03-5786−7361 info@nansei-rakuen.jp

 竹富町役場 info@town.taketomi.okinawa.jp


★不買運動 

 女性が中心となり、全国環境保護連盟がとりまとめる形で、ユニマット社製品や企業の不買運動を呼びかけている。対象となるのは、ユニマットのコーヒーサービス(オフィス内)、南西楽園ツーリスト(旅行代理店)、カフェラミル、メゾンドラミル、アボガドキッチン、ロンディーナ、スカラディ、北海あぶりやき運河倉庫、魚○、他の飲食店など。 不買運動サイト

★地元での反対運動

西表の未来を創る会‥‥西表島のエコツーリズム協会や宿泊業者やダイビング事業者、住民らが立ち上げて、 訴訟を起こす等これまで反対運動の中心となってきたグループ。
 http://www5e.biglobe.ne.jp/~irimira/ iriomotemirai@hotmail.com
 沖縄県八重山郡竹富町西表621 石垣金星方

西表の自然を愛する会‥‥私たちの会です。
 非暴力直接行動で工事を阻止しようと上記の会から独立しましたが、連携をとりながら動いています。
 道路封鎖の座り込みなどを実施していますが、それがきっかけで竹富町長から「反対派住民は町営住宅から出ていけ」と迫られるという新たな問題が派生しています。
 → iriomotelove@hotmail.com
 907-1541 沖縄県八重山郡竹富町月ヶ浜750(伊藤方)


トップページに戻る